« August 2012 | Main | October 2012 »

September 2012

September 27, 2012

そしてシナボンまでも

黒船襲来続き の どさくさにまぎれて
シナボンも再上陸、なのね。

お帰りチャン~

ますます忙しくなるわ~
(↑なんで?)


昨日から アベ新総裁がらみで
カツカレーが食べたくて しかたありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2012

黒船来航

1853年 ペリー

2006年 リア・ディゾン

に 続き

ここのところ続々と来航している黒船たち。

ざっと思いつくだけでも
ビルズエッグスンカフェカイラバビーズ
などなどなどなど。

そうです、飲食業界の黒船
日本に集結しまくっているというこの状況。
鎖国とか 呑気なことを言ってる場合じゃないわね!!


で、
また 来るそうですね 次の黒船。

はいはいはいはい、
アメリカはNYから サラベスがやってくるわよー!!


もうすごいね 欧米列強は。
草刈り場と見るや どんどん攻めてくるわね。

なんつって。


そんなわけで 11月のオープンが待ちきれないアナタに
以前 NYのサラベスに行ったときのネタを仕込んだページを
しれっと置いときまーす。 →コチラ


そしてオマケに
癒しアイテムとして

Bb

NYの店に行く前に 日本に上陸してしまったので
この前 悔し紛れに行ってきた
バビーズ(ヤエチカ店)の ピーチパイアイス添え なんぞ。
うまいぜちきしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2012

調理実習

夏のイタリア旅の際に
スーパーで あれやこれや と
楽しげなものを買ってきたのですが


その中でもいちばんの期待の品がこれらでして

Image01

「おうちで簡単リゾット」
と 勝手に命名してみます。

左から
魚介、アスパラ、トマト、サフラン&ポルチーニ
というラインナップ。

特に 魚介には多大な期待を寄せ、
鼻息荒く しこたま買ってきたので
さっそく作ってみることに。


ちなみにこの「おうちで簡単リゾット」、
ガイド本の「こと○っぷ・イタリア」でも紹介されており、
お湯をそそぐだけでイタリア~ン
というコピーを添えて
なにやら簡単にできそうな空気を漂わせていましたが

中身を見ると
そんなサクっとできてしまいそうな
フリーズドライ的な要素は皆無で
どう見ても 生米+スープの元(粉末)が
どどんと入っているだけの様子。
要は
スープのダシをとったりする手間を省いてくれただけ、
ということですかね。クノール製ですし。

で、
裏面には作り方が載っているわけですが
もちのろん イタリア語オンリーなので
理解できるわけもなく。

しかしながら 食への執念で
「2と1/2カップ」と「15分」という
重要そうなキーワードを発見したので
それだけを頼りに進めます。


うすうす皆さん 気づいていると思いますが
「2と1/2カップ」は加える水の量で
「15分」は鍋で煮炊する時間ですよね、きっと。

私も勝手にそう解釈し、
鍋に中身を ザーッと入れて
イタリアの計量カップの量を調べるのが面倒くさかったので
日本仕様の計量カップでざっくり量った水、2と1/2カップを加え
強火で軽くかき混ぜつつ
煮立ってきたところで中火にして
そこから15分を目安に 混ぜながら 様子を見ることに。

当初は 水分が多すぎる感じで
「やっぱり イタリアの計量カップの量をちゃんと調べるべきだったか」
と ちょっと後悔したものの、
だんだんと汁気が飛んで リゾット的な いい雰囲気に!!

そして台所中に漂う 魚介の風味がたまりませんのよ奥様!

15分経ったところで
米の加減をみたところ
「アルデンテ」よりもまだちょっと芯がある感じ。
でもこれ以上 加熱に耐えうる水分が残っていなかったので
火を止めて蓋をして 2~3分ほど蒸らしてみたら
ちょうどいい加減になりましたー


Image02

魚介の香りはすごいのだけど
具はほとんど入っていないので
粉チーズとパセリをまぶしてごまかすことに。
あの魚介だらけのパッケージは「調理例」ってやつね。

で、香りだけでなく 味もなかなかで
魚介の旨みをかなり感じます。
イタリアの思い出がよみがえってくるよう。


冷凍のシーフードミックスあたりを
一緒に入れても おいしいかも。
今度はそれで作ってみよう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2012

悩んだ挙句

毎度のことですが
旅のあとにやってくる なんともいえぬ喪失感。

今回のイタリア旅も 楽しさもひとしおだっただけに
まんまと その喪失感にお見舞いされているわけですが
それを払拭すべく
年末年始のハワイ旅に目を向けることに。


とはいえ、
まだまだ先なので 行きたいところなどは
ちまちまリサーチしていくとして、
てっとり早くは ホテル確保よね。
年末年始は混むし。

そんなわけで
とりあえず定宿のオハナワイキキマリア
押さえておきましょうかね、と 料金を見たらば
185ドル/1泊 と出た。

ひいいいいい。

いくら円高とはいえ マリアで185ドルて!

冗談かと思って何度も検索しなおしたけど
どうやら本気の価格らしい。

年末年始だから多少の値上がりは仕方がないにせよ
最近 H○Sが食い込んでるから
強気の価格設定なの!?


クラクラしながら同ランクのホテルを調べたところ
どうも総じて相場が高めな気配。
同じ年末年始でも昨年はもっと安かったような。

それならば これを機に
評価の高いアクアホテル系に泊まってみようかしらん
と 思ったけれど
こちらもやはり 相場が高めで
「普段はもっと安く泊まれるよな」と思うと
イマイチ気分が乗らず。


こうなったら、と 割り切って
1泊2ケタのところなども検討し始めたものの
調べれば調べるほど
余計な情報(虫とか)も入ってきて
だんだん泥沼状態に。


そのうち 悩むあまりにおかしくなって

中途半端なところにふざけた金額を払うんだったら
パシフィックビーチのオーシャンビューにして
カウントダウンの花火を部屋から見てやる!(235ドル/1泊)
という運びになり
(↑おかしくなってもさすがに「ハレクラニ」とは言い出さない)

念の為
値段比較をすべく JALのホテル予約ページを見たら
こちらにしれっと
オハナワイキキマリアが109ドル/1泊で出ているのを発見。
しかもJALのマイルもおまけに付くじゃなーい

すっかり
パシフィックビーチのオーシャンビューモードだったけれど
半額以下とくりゃあ背に腹は代えられず。
一転して
いつものオハナワイキキマリアへとモード変更。

そして 中の人の気が変わらないうちに
速攻で予約を完了させたのでありました。


いろいろ長くなりましたが
1週間ばかり悩み続けたわりには
結局 定宿の オハナワイキキマリア ということに。

ただし、いつものごとく
それまでにtoto及び宝くじの当選や
見知らぬ人からの遺言で遺産相続などがあった場合(←ないない)は
トランプやハレクラニなどに変更よ!


ま、マリアでほぼ確定でしょう。

| | Comments (4)

« August 2012 | Main | October 2012 »